日本人初のユニコーン契約選手の武田知徳選手を知っていますか?

ビッグニュースとして大きく取り上げられた浅田斉吾選手のユニコーン移籍ですが、日本人ではじめてユニコーン社と契約したのは武田知徳選手でした! (最近まで知らんかった、、、)

武田 知徳(たけだ とものり)

2003年にダーツを始めて、今や日本を代表するダーツプレイヤー。
ダーツバーでのインストラクターを経て、
2007年国際的バレルメーカーのユニコーン社と契約。
日本人初のユニコーングローバルプレイヤーに。
DARTSLIVE JAPAN TOURNAMENT’07-08
第4位入賞し、DARTSLIVEプロとなる。

戦績

・2008
DARTSLIVE JAPAN TOURNAMENT ’07-08 4位
石川ダーツトーナメント 3位
・2007
DJO TOURNAMENT in Tokyo ダブルス 3位
DJO TOURNAMENT in Shizuoka ダブルス 優勝
JSFD ERI MEMORIAL TOURNAMENT3位タイ
Whole9 Libero Years 3位
Darts Classic in Maizuru ダブルス 準優勝
Medalist Tournament Circuit 第4弾 シングルス 3位タイ
ADAJ SHIZUOKA ダブルス 3位タイ
砦 東東京・武蔵 優勝
・2006
UNICORN SANCTION 2006 優勝
Phoenix 木更津 AAA 準優勝

Unicorn 武田知徳モデル
スペック
・重量:16.5g(バレル単体)
・全長:43.8mm
・最大径:6.4mm
・チップ規格:2BA
(秋澤調べ)
・タングステン含有率:80%
(メーカー発表による)

フィルテイラーとダブルス組んで戦っている動画ありました!
新里真吾&ジョン・パート VS 武田知徳&フィル・テイラー

身体のラインを描いて安定したフォームを by 武田知徳プロ

身体の各部にラインを引くのが武田流
例えば肘からグリップまでは垂直に、肩と腰のラインはまっすぐになど、
身体の各部分にラインを引いて、なるべく機械のようにフォームを作るようです

もちろん人間なので、きっちりはできませんが、イメージとして

ダーツライブデータ

武田知徳(2008年6月のデータ)

SB   215126
DB    58369
HAT   32071
BLACK   482
インブル率 21.34%

データに残ってないやつ合わせたら300,000ブルは最低でも投げてますよね(汗)