ダーツ素人でもわかる夢物語!BDO優勝した鈴木未来の凄さ!

英国で開催されたダーツの世界選手権「レイクサイド」の決勝が12日に行われ、女子決勝に進出した日本の鈴木未来(37)が初優勝を果たし、世界王者に輝いた。

日本では国内最強の女子プレーヤーとして名をはせている鈴木は、今回アジア人として世界の頂点を決める大会に初出場。決勝ではイギリスのロレイン・ウィンスタリーを破り、初優勝を飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000037-sph-spo

ヤフーヘッドラインでもニュースとなったこの快挙。

ただダーツしてない人にとっては「ふ〜ん、ダーツの強い女子いるんだ」くらいにしか思わないでしょう。

いや、思ってくれるだけでも全然いいんですけど、もうちょっと深掘りしてみませんかという記事です。



ランキング外で予選突破から決勝の3−0の夢物語

まず鈴木未来選手はシードでもなんでもなくて、予選からのスタートでした。

その予選ですが256名の参加で、本戦にでれるのは2名だけ。

鈴木未来選手は超難関を突破してきたのです。


決勝戦の3−0ストレート。

最後のダブルサクセスに注目です。

ダブルは上がり目がないと打つことができません。

相手は2/2となっていますが、これは逆にいうと鈴木選手が相手に2回しか上がれるチャンスを与えなかったということです。

それくらい圧倒的に勝利しました。夢物語の完成です。

ヨーロッパ以外では4番目!アジアでは初の快挙!

ダーツはヨーロッパに根強い文化で他の国ではあまり盛んであるとはいえません。

なのでヨーロッパプレイヤー以外が優勝するということはとても稀なことです。

BDOとPDCの世界戦でヨーロッパ勢以外のダーツプレイヤーでは鈴木未来は4番目の快挙でした。

アジアでは初めての優勝者、BDO女子でも初めての優勝者です。

John Part (1994, BDO & 2003, 2008 (PDC) Men’s)
Tony David (2002, BDO Men’s)
Stacy Bromberg (2010, PDC Women’s)
Mikuru Suzuki (2019, BDO Women’s)

スタッツでみる鈴木未来の凄さ

BDOのサイトから参照のため、スクショしました。

アベレージが30.04で、3本だと90.12です。

ちなみにBDO男子のスタッツはこちら。

30.04では男子だと26位でした。ということは男子並みの強さをもっているという証明にもなります。

実際にソフト、ハード問わず日本のトップ男子に勝利する場面をよくみます。

JAPAN女子では年間オール優勝!

ソフトダーツのプロトーナメントであるJAPAN女子では、今後破られることはないであろう年間優勝を達成。

驚異の18連勝で、他者をまったく寄せ付けない圧倒的な強さです。

敗北後はまた優勝し、一度は敗北してしまうも現在は4連勝中です。(2019.1現在)

もちろん、年間ランキングは一位。

(AbemaTV けやきヒルズ)アジア勢初の快挙!鈴木未来がダーツ世界女王に!

「ダーツの大坂なおみ」というタイトルをつけられていました。

https://abema.tv/video/episode/89-71_s50_p61

例えば、テニスのウインブルドン、ゴルフの全米オープンで優勝したようなもの。

競技人口の違いはとってもありますけど、ダーツ知らない人でもわかりやすい!

まとめ

年末から年始にかけて、世界での日本ダーツ順位はかなり上がったはずです。

男子は浅田選手がジェームスウェイドと激闘の末、惜しくも敗北もインパクトは特大。

女子は鈴木選手が文句なしのストレートで優勝して、世界一。

ソフトダーツで圧倒的に強い=スティールでも強いの方程式は間違いないのではないかと思います。

来年はさらに期待するしかなさそうです!

日本のスティール未来は明るい!!