ブル音が鳴ればボーナス!パチスロダーツライブにダーツのゲーム性は全然なかった!

新台最速!A-SLOT DARTSLIVEを閉店くんが打ってみた!でダーツライブが紹介されていたので鑑賞してみました。



パチスロダーツライブのゲーム性

ダーツのゲーム性がまったくなくて、ちょっとガッカリ。

目押し不要、液晶なし、技術介入なし。

Aタイプでチャンス目待ち(35分の1くらい)、ダーツチャンスでボーナス判定

ビッグボーナス、レギュラーボーナス後ろは5G間カウントアップチャレンジ

バー中段に1つでRTが25、バー中段に2つで50、バー揃いで無限

レバーONで、プレイヤーチェンジボタンの音、ボーナス確定で、先行後攻の待機画面の音などダーツライブ音源は結構使われてる様子。

ホワイトホース

馬に白ランプ。なんかそっけない。

トリプル音が第一から第三まで続いて鳴って、ホワイトホースランプ点灯ならまだよかった。

個人的な感想

せめてダーツのゲーム性をもうちょっと意識して作って欲しかったです。

スロットはだいぶ前に引退してますけど、AT機ならちょっと打ってみようかと思いました。

でもこの感じなら打たなくてもいいかなと思いました。

トンパチチャレンジ成功で上乗せ180とか、9ダーツチャレンジとか、PDCロードとかで90%継続の何かとか、とにかく何かしらダーツプレイヤーをくすぐるチャンスがあったら嬉しかったです。

おわり