トロッコ理論の実践方法

ドリーさんの新着記事である「トロッコ理論」

とても興味深い記事で、すぐに実践したいと思いました。

トロッコ理論

要はフォロースルーの終わりで肘が上を向いているのが正解。

通常は関節が内側にいくはずなので、何も意識せず投げればトロッコは脱線してしまいます。

私も何も考えずに腕をふったら見事に脱線しておりました(汗)

実はこれの実践方法が畑野選手のブログで紹介されていました!助かります!

トロッコ理論の実践方法

先ずは肩に指先で触れます。肘から二の腕は床に対して水平

その状態から、ゆっくり手だけをくるっと回して手の土手の部分をターゲットほうこに向けます

そこから、ゆっくり腕をのばすと肘関節が真上に向きます!

詳しくは畑野さんのブログに写真付きで掲載されているので参考にしてください。

テイクバックイップスにも効果ある?

この投げ方もしかしたらテイクバックイップスにも効果あるかもしれません。

というのも右手で投げてるときはトロッコが脱線しまくってたんですよ。

しかしながら、肩に指先を触れて水平にして投げるとそれなりに投げれる!

これはめちゃくちゃ驚いた。右手で投げれて嬉しい!!!

もう一度いつものように投げてみるとやっぱりつんのめる。

水平にするとスムーズってとこまでは厳しいけど、それなりに投げれる。

まとめ

今日は少し右手でも投げてみようと思います。