SUPER DARTS 2018の賞金で村松治樹は本当に車を買うのか?

ダーツの神様フィルテイラー に勝利し、村松選手はスーパーダーツ2018を優勝しました。

優勝賞金はなんと1000万円。これはソフトダーツの大会では最大です。

その後のインタービューで賞金をどうしますかときかれ、村松選手はこう答えました。

「クルマを買います!」

あれからはや3ヶ月が経ったいま村松選手は本当に車をかったのでしょうか?

村松選手の欲しいクルマは?

今月のGOOD DARTS記事の中で村松選手はこう答えていました。

Q. SUPER DARTS 2018の後日談を教えてください。
優勝後のインタビューで、「クルマを買います!!」と宣言したので、本気でクルマを探しています。実は、以前から欲しいクルマがあって、この大会で優勝したら買おう、と思っていたんです。

Q. その欲しいクルマとは、何ですか?
ランドローバーのディフェンダーという、イギリスのクルマです。ちょっとレトロなデザインの四輪駆動車で、かっこいいんですよ。手に入れたら、一生乗ろうと思っています。

ランドローバーのディフェンダーとは?

ランドローバー・ディフェンダー(Land Rover Defender)は、イギリス・ランドローバー社が1948年から製造していた四輪駆動車ランドローバー・シリーズを1990年に改良した時点で付けられた車名である。強靭なラダーフレームのシャシとアルミニウムボディを採用し、各国の軍用車両や警察、消防車両などに多数採用されている。(wikipediaより)

確かにカッコいい!気になるお値段ですけど、まずは中古から。

平均で500万円です!一般人にはなかなか手が届きません。

型式にもよるでしょうが、スーパーダーツの賞金なら二台分です。

では新品ならばどうでしょう?

2018の最新型が発売になるようで、その予想価格がこちら。

ランドローバー新型ディフェンダーの価格ですが、先代ディフェンダーの価格が459万円からとなっています。
そして上位モデルである現行ディスカバリーが715万円からの設定となっています。
ここから新型ディフェンダーの価格は600万円ほどではないかと言われています。

新品でも中古と値段がそんなに変わりませんね、と言っても安い車が一台変えるくらい違います。

今後、村松選手がどんな車を買うのでしょうか。

軽トラ乗りのボクには関係ない話ですけどね(笑)