(ダーツDVD)MJ TOURNAMENT 2005 Ver.1観戦記

メルカリでめちゃ安で購入したDVD【MJ TOURNAMENT 2005 Ver.1

現在は2018ということで、13年も前のソフトダーツ大会です。

なんでこんな今更なDVD買ったのかというと、とにかくメンバーがすごいんですよ。

世界からトッププレイヤー(チームユニコーン)が7人招待されています。

  • イングランドの旗 フィル・テイラー
  • イングランドの旗 ジョン・ロウ
  • カナダの旗 ジョン・パート
  • イングランドの旗 ボブ・アンダーソン
  • イングランドの旗 コリン・ロイド
  • イングランドの旗 ケヴィン・ペインター
  • イングランドの旗 ピーター・メァンリー

なんと2005年のPDCトップ2が来てます、今でいうとMVGとピーターライトが来たみたいな。

肝心の試合内容ですが、そんなによろしくないです。。。

ハットが当たり前の世の中ですが、この頃はまだ4:6くらいの世界。トンの方が多いです。

クリケットも4点くらいでしょうか。海外選手はクリケットの打ち方がちょっとという場面も。

ただフィルテイラー様だけは、今でも十二分に通用するレベルです。

ダーツマシンもマトリックスで、なんか新鮮。クリケットの音はこれが一番好きかもしれません。

観客の数はすごく多い!みんなワーキャーいってるし!

日本人プレーヤーで今でも活躍しているのは谷内太郎選手だけですね。

谷内選手以外では松元大奉選手がとても気になりました。

投げるのめちゃくちゃうまいです。スローの安定感が見ていて心地よい。

最後のフィルテイラー戦はクリケ5点でしたが、フィル様が6.64でした。

インターネットで少し調べたところ、今ではもうダーツをやっていないようです(残念!)

松元選手に関しては、もう少し掘り下げてまた別記事でアップしようと思います。

海外で気になったのはPeterManley選手です。

その理由は、投げた3本のダーツをスタッフに取りに行かせるからです(笑)