知野選手にきいてみたイップス改善する3つのポイント

左手で投げてますけど、やっぱり利き手は右手なのでイップスを治したい!

こないだ近くのファンキータイムに知野選手がきていたので質問コーナーの前にこっそりとイップスについてきいてみました。

時間も短くざっくりとお話をきいた上で参考になった部分を3つのポイントにしました。

1、ダーツボードをみない

ダーツボードをみずに投げる。もしくは、目隠しして投げるとよい。

目を閉じて腕の感覚だけで気持ちよく投げれるようになれば良いとのこと。

2、肘か手首をみる

1の方法で投げれるのなら、今度は肘か手首をみながら投げてみる。

それで投げれるようならだんだんダーツボードをみながら投げる。

3、無理はしない

無理に投げようとすると余計に悪化してしまう可能性があるので、いけそうかなと思った時にやるくらいがいい。

それまでは左手で投げるしかない。

右手で投げてみた

とりあえずやってみたけど、やっぱり難しいので左手で投げていきます。

なんとなくいけそうかもと思ったときに、目隠ししたり、肘や手首みて投げてみようかな。

ちゃんとお医者さんか接骨院みたいなところに行けばイップス治ったりするみたいなので、調べてみてもいいかもしれません。